2007年03月20日

辛い経験が免疫となっていくこと

いつもコメント本当にありがとうございます。更新遅くなりました。

 近況ですが、まず先々週の金曜日に行われたTuS Mechtersheimとの試合は4-0で勝利し、そして先週日曜日のMainz IIとの大事な試合は1-1の引き分けという結果でした。依然2位Mainzとの差は4ポイントのままです。

 僕自身は両試合ともメンバー入りすることはなく、先週末には久々に2軍でプレーしました。結果は残念ながら0-1で敗れてしまいましたが、久々のフル出場で試合勘など十分確認できました。

 もちろん1軍とのレベルの差は歴然ですが、キーパーの僕にとって2軍の試合であってもシュートはシュートに変わりないので物足りなさなどを感じることはありません。むしろディフェンスラインの裏へ飛び出す機会は1軍でプレーするときよりも確実に多いので、この状況への対処はなかなかトレーニングでは養えない為とても貴重です。

 相変わらず3番手という厳しい状況が続いているわけですが、以前のなかなか所属クラブが見つからなかった時期などと比べるとかわいいものです。こうやって辛い経験が免疫となっていくことを考えると、起こりうる全てのことにしっかりと意味があるのでしょう。とにかく初心を忘れず、怪我無くサッカー出来ていることに感謝して今週もやっていきます。
posted by 高田寿典(たかだ ひさのり) at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
o(^-^)o本当に毎日前向きに頑張ってますね☆良い経験も悪い経験も全て高田くんの宝物だし大切にして頑張って下さい☆☆
Posted by はな☆ at 2007年03月23日 00:40
文面から強い気持ちがひしひしと伝わってきました。頑張っていれば必ずチャンスは訪れます。こんな形でしか力になれませんが、精一杯応援させてください。
Posted by たけごう at 2007年03月24日 18:23
>こうやって辛い経験が免疫となっていくことを考えると、起こりうる全てのことにしっかりと意味があるのでしょう。

本当に前向きに頑張っておられるのですね。
そういう気持ちの切り替えはなかなか出来ないモノです。
高田選手は相当は経験を積んておられるGKだというイメージが湧いて来ますね。

その経験は一生の宝物。そしてそういう経験を沢山積んだGKがやっぱりファーストGKなれるのでしょうね。

偉そうな事書いてしまいましたが、私が小学生時代から常に意識している言葉があるのですが、その言葉と高田選手の気持ちとは似ているのではないかと思ってしまいます。
(^-^)

その言葉は『人一倍努力したGKのみがゴール前で勝利のフエを聞く資格がある』だったりします。
(^ ^ゞ
Posted by ジノ at 2007年03月25日 01:00
今日ソウルから留学の後片付けをしてもどりました。
1年の留学の予定は3ヶ月となり、予定より滞在期間は短かったですが、心に残る良い経験ができたと思います。良きせぬ事情に見舞われるのが人生のようですが、思うにそのひとつひとつに意味があると感じ前向きに対処できるときは目に見えなくとも進歩があるのかなと・・・
いつも初心を忘れることなく大好きなサッカーを怪我無くできることに感謝できる高田選手の姿勢はとても輝いてみえます。
Posted by ひでこ at 2007年03月31日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3565650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック