2007年03月20日

辛い経験が免疫となっていくこと

いつもコメント本当にありがとうございます。更新遅くなりました。

 近況ですが、まず先々週の金曜日に行われたTuS Mechtersheimとの試合は4-0で勝利し、そして先週日曜日のMainz IIとの大事な試合は1-1の引き分けという結果でした。依然2位Mainzとの差は4ポイントのままです。

 僕自身は両試合ともメンバー入りすることはなく、先週末には久々に2軍でプレーしました。結果は残念ながら0-1で敗れてしまいましたが、久々のフル出場で試合勘など十分確認できました。

 もちろん1軍とのレベルの差は歴然ですが、キーパーの僕にとって2軍の試合であってもシュートはシュートに変わりないので物足りなさなどを感じることはありません。むしろディフェンスラインの裏へ飛び出す機会は1軍でプレーするときよりも確実に多いので、この状況への対処はなかなかトレーニングでは養えない為とても貴重です。

 相変わらず3番手という厳しい状況が続いているわけですが、以前のなかなか所属クラブが見つからなかった時期などと比べるとかわいいものです。こうやって辛い経験が免疫となっていくことを考えると、起こりうる全てのことにしっかりと意味があるのでしょう。とにかく初心を忘れず、怪我無くサッカー出来ていることに感謝して今週もやっていきます。
posted by 高田寿典(たかだ ひさのり) at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記