2007年03月20日

辛い経験が免疫となっていくこと

いつもコメント本当にありがとうございます。更新遅くなりました。

 近況ですが、まず先々週の金曜日に行われたTuS Mechtersheimとの試合は4-0で勝利し、そして先週日曜日のMainz IIとの大事な試合は1-1の引き分けという結果でした。依然2位Mainzとの差は4ポイントのままです。

 僕自身は両試合ともメンバー入りすることはなく、先週末には久々に2軍でプレーしました。結果は残念ながら0-1で敗れてしまいましたが、久々のフル出場で試合勘など十分確認できました。

 もちろん1軍とのレベルの差は歴然ですが、キーパーの僕にとって2軍の試合であってもシュートはシュートに変わりないので物足りなさなどを感じることはありません。むしろディフェンスラインの裏へ飛び出す機会は1軍でプレーするときよりも確実に多いので、この状況への対処はなかなかトレーニングでは養えない為とても貴重です。

 相変わらず3番手という厳しい状況が続いているわけですが、以前のなかなか所属クラブが見つからなかった時期などと比べるとかわいいものです。こうやって辛い経験が免疫となっていくことを考えると、起こりうる全てのことにしっかりと意味があるのでしょう。とにかく初心を忘れず、怪我無くサッカー出来ていることに感謝して今週もやっていきます。
posted by 高田寿典(たかだ ひさのり) at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月08日

チャンスをしっかりモノに

 先週予定されていたBad Kreuznachとの試合が悪天候で中止になり、急遽Waldhof Mannheimとの練習試合が組まれ、おかげで後半45分出場しました。結果は4-1で勝ち、僕自身1対1の場面から1失点しはしましたが、ミスのない安定したプレー、数回あった相手のゴールチャンスを防ぎ、納得のパフォーマンスでした。

 僕にとって悪天候によって突然目の前に現れたチャンスをしっかりモノにできた事は、自信につながりましたし、自分は出来るってことを改めて確認出来ました。

 相手のWaldhof Mannheimは以前ブンデスリーガで戦っていたドイツではわりと知名度の高いチームなのですが、最近はオーバーリーガでもなかなかうまくいってないようです。ちなみにうちとは同じスポンサーによって支えられている兄弟のような関係です。
 それとWaldhofにはアサエダ君という一人の日本人選手がプレーしています。試合後話しかけたのですが、ニホンゴアマリハナセマセンという返事が帰ってきました。彼はドイツで生まれ育ったため日本語があまり出来ないそうで、日本人同士で終始英語での会話となりました。

 先週末は、ライバルのTrier,そしてMainz共に敗れ、うちにとってかなり良い追い風が吹いてきているようです。今週勝つかどうかで今後がかなり変わってきそうです。
posted by 高田寿典(たかだ ひさのり) at 13:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月02日

とにかく辛抱して納得のいく毎日をどんどん積み重ねていきます。

2月28日

 こんにちは、先週金曜日のEintracht Trierとの大切な試合、4-0で勝利しました。僕はというと残念ながらメンバーから外れてしまいました。試合は前半30分あたりで相手の選手が2枚目のイエローカードで退場、それをきっかけにリズムをつかみ後半は完全に試合をコントロールし、結局誰もが考えていなかった大差で勝ちました。

 メンバーから外れ、再び3番手になってしまった訳ですが、先週以来不思議と焦り、不安など消極的な感情が心によぎることはありません。これも他人の評価を気にせず自分が納得できるかどうかだけを考えるよう心掛けているおかげでしょう。

 いいプリシーズンをこなし、そして最近納得いくトレーニングをしているという自信が自分にはあるので、状況とは関係なくかなり手応えを感じています。 今の調子でやっていけば間違いないので、とにかく辛抱して納得のいく毎日をどんどん積み重ねていきます。
posted by 高田寿典(たかだ ひさのり) at 10:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記