2006年11月30日

日本のサッカーとオーバーリーガのサッカーとの比較

 こんにちは、最近よく日本のサッカーとオーバーリーガのサッカーとの比較を聞かれることがあるのですが、いつも 返答に困ってしまいます。というのも僕自身日本のプロチームに所属してプレーしたことが無いため、ピッチ上でどのようなサッカーがされているのかなかなか想像出来ません。

 実際Jリーグのチームがブンデスリーガのチームに勝ったというのも聞いたことありますし、チームメイトの一人は以前所属していたオーバーリーガのチームで浦和レッズと対戦し勝ったと言ってますし、比較するのは難しいですね。

 ただゴールキーパーに関してはドイツは世界のトップクラスの国だということを実感します。オーバーリーガでプレーするキーパーであっても、技術はしっかりしてますし(たまに怪しいキーパーも見かけますが)ほんと層が厚いです。

 うちのファーストキーパーは過去ブンデスリーガの数チームでプレーしたことのある選手で、一緒にプレーしていてほんとに勉強になります。ポジショニングをはじめ試合での立居振舞、それによる存在感、トレーニングだけでは養えないゴールキーパーとして大切なことを毎日彼から教わってます。いい経験してるなあって思いますが、これをいつか活かさなければ意味がありません。

それから
先週末Wiegesとアウェイで対戦し1-0で勝ちました。以前書きましたがこのチームには2人の日本人選手がプレーしていて、試合後そのうちの一人、ツチヤくんといろいろ話す機会がありました。こっちで日本人相手のコーディネーターとして働きながらプレーしているらしいです、気さくないいやつでした。これからも こうやっていろんな人と出会っていきたいです。
posted by 高田寿典(たかだ ひさのり) at 22:14| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記